包丁の柄、サヤ、砥石が値上りします

 堺孝行刃物が一部、値上がりがあります。26年7月1日から一部商品です。

消費税が8%になり、市場では増税分以上の値上を感じる時がしばしばあります。

青木刃物、お前もか!と言いたいのはやまやまです。

販売者としては、少しでも良い品物を、少しでも安く!お客様に提供したいのです。

しかしながら、メーカーと言えども我慢に我慢を重ねた結果、やむにやまれずの値上げとなりました。一部商品と言えど、大きいところは柄、サヤ、砥石、が大きく影響します。

2割前後、荒砥石の価格は据え置きになりましたが、中砥石、仕上げ砥石は1割前後の値上げとなりました。

包丁のメーカーと言えど、砥石は砥石もメーカーから仕入れをしますし、柄は柄のメーカーから、サヤはサヤのメーカーから仕入れます。

今回、包丁全般は据置ですが、柄やサヤが値上りすれば、わずかとはいえ、利益を圧迫します。

職人の賃金は以前からそうですが、低く抑えられています。職人の高齢化に後継者不足、諸経費の高騰に設備の老朽化など難問山積、前途多難です。

販売者としては良いものを安く提供したいのですが、メーカーの事情も知っているだけに、つらいところです。

いずれにしましても、消費者の皆さんが、量産品ではなく、本当に良いものを使っていただき、日本産の包丁が発展することを願うばかりです。

 

 

2014-06-02 23.43.08.jpg2014-06-02 23.43.27.jpg