和包丁の柄(差し柄)の交換方法

和包丁の柄(差し柄)の交換方法

和包丁の柄は種類と長さによって、すべて違います。メーカーによって、多少の違いはありますが、おおむね、種類とサイズによって、柄の長さや太さが決まっています。包丁の長さに合わせた柄のサイズが最も使いやすい大きさになります。また、柄の形にも違いがあります。おおむね、出刃包丁は小判型。その他の包丁はくり型となっています。小判型の場合は、柄の穴は峰の方が大きくなっています。また、くり型の場合は、とがっている方が右利きの人は右側に来るように取りつけて下さい。    柄の種類とサイズ  参考  販売もしています。

替えようとする包丁が何の種類で、何センチのものであるかを確認し、それに合う柄を手配して下さい。 出刃の6寸(180mm)、柳刃の1尺(300mm)、菜切りの180mmなどですと、これに合う柄がある訳です。菜切り包丁の場合は薄刃用を使用します。菜切り包丁の中には安価なものなどで、峰の刃厚が薄い(1mm)程度のものがありますが、これ用の柄は、私どもでは扱いがありません。ので、詰め物をするなどをして対応します。 菜切り包丁に関しませては西型と東型がありますのでご注意ください。

プラスチック柄(口輪がプラスチック)の柄はよほど強いのですが、水牛柄以上の高級柄になるほど、繊細なもので、割れやすいのです。それだけ、慎重に、さして下さい。交換の目安は本体が1万円以下の物ならプラスチック柄。本体が1万円以上の包丁ですと水牛柄、4万円以上ですと黒檀柄と言う感じです。これはあくまで目安です、1万円以下の包丁でも水牛柄や黒檀柄を取りつければ、包丁が高級にランクアップします。

まず、柄を取り替えようとする場合の必要な道具。

1、サビが飛び散るので敷物。2、割るときに使う台座(ブロックでも可)3、木づち(目には目を、刃には刃を、木には木を、です)金づち 4、先のとがったハンマー、のみ 5、ガスバーナー、ガス台 6、木工ボンド 7、予備の柄又は同じくらいの木片(柄を外すときに使う)  8、サイズの合う柄  9、新聞、サンドペーパー など

DIY!  おおいに挑戦してみて下さい。どうしてもうまく交換ができない場合は私どもで交換もできますので、お気軽にお送り下さい。   研ぎ修理について

 

まず、危険ですので刃の部分に新聞紙

等の紙を巻く。

柄を外す場合の持ち方です。

予備の柄などを刃元の柄の口に当てる。

この時、刃先は外の方に向けて持つ事。

 

持ち方を違う角度から撮っています。

予備の柄がない場合は同じくらいの

木片があれば、代用して下さい。

持ったまま、木づちでたたきます。

徐々に外れますから、何度もたたいて

下さい。左右変えてたたくと有効です。

 

新しい包丁やボンドをさしていないもの

は外れます。

錆びついた包丁やボンドがさしてある

物は柄を割ります。写真は先のとがった

金槌ですが、なければ、たがね、のみ

等で代用します。

何度かたたいて柄を割ります。
木の部分が取れ、口金の状態に

なりました。

口輪の部分を、金槌でたたき、

中の錆びついているところを砕きます。

 

柄が外れた状態です。中子(なかご)は

通常、このくらいの長さがあります。

中子のサビを金槌でたたき、おおまか

の落とします。

柄を取りつけたときに、サビが見えるの

で、接合部だけ、サンドペーパーなど

でサビを落とします。

中の部分は必要ありません。

中子をバーナー、やガス火などで

焼きます。

焼いた中子を柄に刺したところです。

柄には向きがあります。確認して

入れて下さい。

このように持ち、柄尻を木づちで軽く、

何度かたたきます。徐々に入りますが、

無理をせず、入りにくくなったら

一度、柄を抜いて、再度焼いて下さい。

何度か繰り返します。

柄を入れたところですが、柄が少し

上を(刃部の方に)向いてます。

上記のような場合、中子を真直ぐに

金槌でたたいて、真直ぐにのばします。

包丁の峰と柄が直線になりました。
上のままでも良いのですが、さらに

これを一度抜き、中にボンドをさします。

何度か抜き差しをして奥までボンド

を入れます。これをすると、水の進入

を防ぎ、錆びにくくなります。

あまったボンドをふきとります。

1~2日そのまま置けば、ボンドが

かたまり、完了です。

  場合によってですが、中子が錆びて

痩せている場合があります。

そんな場合は柄の穴が大きくなります

ので、竹や橋などを薄くし、余っている

部分に詰め、上を木槌でたたき、押込

ます。

のこぎり、カッターなどで、あまって

いるところを切ります。