堺孝行はすごい職人がいます。

 

meister%20logo.jpg[1].jpg

 

伝統工芸士とは日本の伝統産業や工芸品製作のなかで長きに渡りその優れた技術の伝承と向上に励み、厳しい審査に合格した職人のみが経済産業大臣より指定される称号です。

600年の歴史を持つ堺打ち刃物も伝統工芸士が代々受け継いできた匠の技により支えられている。

doi[1].jpgoda[1].jpgsugihara[1].jpg
鍛冶職人 土井敬次郎 氏刃研職人 小田 幸徳 氏ナイフ職人 杉原 渓童 氏
g10[1].jpgdoi1[1].jpgshiraki[1].jpg
刃研職人 山塚 氏鍛冶職人 土井 逸夫 氏鍛冶職人 白木 氏
tatumi[1].jpgtosa[1].jpgtogashi[1].jpg
柄職人 辰巳 氏刃研職人 土佐 廣次 氏鍛冶職人 冨樫 憲治 氏
yamatuka[1].jpgyamashita[1].jpgymatuka%20m[1].jpg
刃研職人 山塚 光雄 氏鍛冶職人 山下 好夫鍛冶職人 山塚 尚剛 氏

 

鍛冶職人 冨樫 憲治 氏

昭和22年3月16日生まれ。1996年通産大臣指定の鍛冶職人の伝統工芸士に認定される。19歳からこの道に入り現在に至る。堺、古来からある伝統手法を守り続けるという信念をお持ちです。

刃研職人 土佐 廣次 氏

昭和23年7月27日生まれ。1991年通産大臣指定の鍛冶職人の伝統工芸士に認定される。18歳からこの道に入り現在に至る。仕事に対して妥協を許さず、使い手の立場になり、1丁、1丁研ぎ上げてゆきます。いろいろな種類に精通され、最も難しいとされるそば包丁でも第一人者です。