研ぎ師光三郎が青二鋼[青龍]をすすめる理由

堺孝行鏡面青二鋼剣型柳刃『青龍』とは

堺孝行刃物が贈る傑作です。堺孝行が世に出した四神の一つです。技術と経験、知識とセンスを結集し、生み出されました。日本の包丁が世界に通じる刃物として、世に出た逸品です。

四神とは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青二鋼(青紙)とは、不純物の少ない白紙にタングステン、クロムを入れて造られた合金です。
ですから刃物用として人間が造り出した鋼です。理想の刃物は、切れ味が良くその切れ味が
永く続く刃物で、更に研ぐ際に楽ならば嬉しい限りです。その理想を目指して造られたのが
青紙だと言う事になります。現状、鋼の中では最高品質の素材です。いつかは青鋼をと言う憧れの商品でもあります。そして、一度その切味を覚えると、他のものが使えなくなります。

和包丁が出来るまで

包丁が出来るまで