スエーデン鋼とは

堺孝行のグランドシェフシリーズで使用されている鋼はスエーデンのウッデホルム社が製造しています。

ウッデホルム社は1670年にスエーデンのモンフオーク地方に誕生しました。精密圧縮鋼の分野では世界の最高峰にあります。その鉱山から発掘した良質の鉄鉱石はリンや硫黄などの不純物元素が少ないため、切れ味が鋭く、切れ味の重属性、耐摩耗性、耐食性に優れており、ステンレス系の包丁の材質としては最高に位置しています。

スエーデン鋼は最高級刃物鋼として電気かみそりなどにも使用されており、原料の価格も上昇の一途です。

ステンレス系のスエーデン鋼は堺孝行刃物がほぼ一手に使用しており、他社では見たことがありません。また堺孝行洋包丁の高級品シリーズは全てスエーデン鋼が使われています。画像はグランドシェフSPタイプⅡという1丁¥50000以上の価格の最高高級品です。
まさに日本とスエーデンとの合作で日本の包丁の評価を高めている要因でもあります。
スエーデン鋼とはスエーデンで産出される高級刃物鋼の事です。日本で言えば島根県の安来鋼の様な物でです。スエーデン鋼と言っても数百に及ぶ種類があり、全て同じ材質ではありません。
青木刃物では以前はスエーデン鋼と言う表示をしていましたが、ボーラーウッデホルム特殊鋼として、他の鋼とは区別しています。

堺孝行(青木刃物)が生産する洋包丁のステンレス製品の中でも、最高材質としてグランドシェフシリーズは発売当初よりその切れ味、、品質には定評があり、多くのファンを魅了し続けています。下記は値段の高い物順になっていますが、ブレード部分はいずれも同じボーラーウッデホルム特殊鋼を使用していますので、その切れ味は変わりません。
切れ味が長く継続し、少々切れなくなっても、よく切れると言う感覚継続します。
切れが継続すると言うことは、それだけ研がなくて良いわけですから、減りが少なく、結果的に長持ちすると言うわけです。

ブレードの材質が同じですので、値段の差はハンドルの材質と構造の差です。
いつかは使ってみたい包丁ですが、初めての方にも十分にお勧めできる包丁です。
ヨーロッパを意識して、ブレードの厚みやハンドルの形状はシャープでスリムになっています。
イノックスシリーズには無い、三徳型がシリーズ(グランドシェフSPとグランドシェフ、グランドシェフマイカルタ)に加わり、ご家庭でのご使用にも最適で、選択の幅が広がりました。

種類が多く違いが分かりにくですね!わからない時はお気軽にお問い合わせ下さい。

S系 52

グランドシェフSPタイプ

S系 53

グランドシェフSPタイプ

S系 53

ステーキ用品・カービングセット

SP系 54

グランドシェフSPタイプ

S系 55

グランドシェフSP

S系 56

グランドシェフSPマイカルタ

S系 57

グランドシェフ

S系 57

グランドシェフサーモンナイフ

グランドシェフ和式

グランドシェフ切付柳刃

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ