左利き用の包丁とは

包丁を買う場合、右利きの人は気にもならないのですが、左利きの人は心配です(左利きの人でも左利きの包丁があることを知らない人も多くおれます)。

①欲しい包丁に左利き用があるのかないのか?

②どこがどう違うのか?

③なんで高いのか?

④なぜ店頭に置いていないのか?

⑤そもそも必要なのか?  などなど。

 

①の説明

包丁には右用、左用、兼用(中間)があります。

兼用(中間)の包丁とは両刃の包丁になります。広い意味では洋包丁はほとんどが両刃(5:5)なのですが、ここでいう左右兼用とは割込み包丁のことです。打ち刃の菜切り包丁はすべて両刃です。○○割込みというものも5:5の両刃になります。たとえば堺孝行でいうとダマスカス系統の洋包丁、銀三割込み、ゴールド文化包丁(説明書きの中に割込みを明記)

左利き包丁とは

和包丁はすべて左利き用があります。

右利き用出刃左利き用出刃
hakuturu200-1[1]31JXg5Bj03L._AA160_[1]

洋包丁ではサバキ包丁には左右があります。牛刀に関しては左右によって

A構造を変えているメーカーが7割程度あります。  下図の③がこれに当たります。

利点:安定した鋭い切れ味がえられる。  欠点:刃巾が狭くなると研ぎが大変

B構造は両刃を使用し研ぎにより左右を変えているメーカーが3割程度です。  ①、がこれに当たりますが、この形状を研ぎにより③の形状にしてゆくのです。

利点:思うように刃付けができる、研ぎやすい    欠点:切れの鋭さにかける

2013-10-26%2014.39.02[1]

 

① 両刃のははまぐり刃

②は 両刃で、良く切れるがカケやすい刃付け

③は片刃になります